2019/06/07

売り上げだけを目指すのでなく。イチロー選手の名言に思うこと

売り上げだけを目指すのでなく。イチロー選手の名言に思うこと

こんにちは!株式会社LITAの笹木郁乃です。

少し前の話になりますが、皆さんはイチロー選手の引退会見、ご覧になりましたか?私、実はあの時2回も見てしまいました!特に引退試合後の球場1週のyoutubeは、号泣でした。

 

○引退試合後の動画はこちら(11分頃から)

https://www.youtube.com/watch?v=lpjvJqhPkEY

○引退会見ノーカット版動画はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=MoschCm4-XE

 

野球ファンでもイチローファンでもなかったのに…感動しました。会見後はメディアやSNSで多くの人が「名言」について取り上げていましたね。特に私の印象に残っているのは、以下の3つです。

 

1、一番に貫いてきたのは、野球への愛。野球が好きであるということ。

2、優勝や最多○○というのは、振り返ると大したことはない。
それよりも、逆境に立ち向かった自分が一番誇れる。

3、自分は監督には、絶対にならない。なぜなら、人望がないから。自分でわかっている。

(セリフはそのままでなく、少し要約しています)

 

圧倒的な結果を出してきた人の言葉は違いますね。全てが、今の自分に響きました。そして、私自身のこれからの仕事に向けても、考えさせられました。

 

『貫いた野球愛』
『誇れるのは記録でなく逆境に立ち向かったこと』

との言葉からは・・・

↓ ↓ ↓

ビジネスにおいて売上拡大などの成果だけを目指し、その結果、例え100億円の売り上げを達成したとしても、それだけでは自分は幸せになれないんだろうな。

『結果だけではなく、自分が愛する仕事をできたか』

『世の中に喜んでもらえる、中身のある仕事ができたか』

これがないと、きっと空っぽになる。

<<いい仕事をしよう>>
と、改めて思いました。

 

また、
『自分は監督にはならない』
との言葉からは・・・

↓ ↓ ↓

イチローは、一流プレイヤーであるにも関わらず監督向きではないと自己分析されています。まずは「自分を知ること」が大事だと思いました。

 

そこで自分を振り返ったとき、私は、
<職人的なプレイヤー>
というよりも、

<仲間と目的を達成したい>
という気持ちの方が、今はとても大きいことがわかりました。

 

そして、自分に足りないものがある分、経営者としてチームで同じ目的を目指す「船」を作ることが、合っているかな、ということなど、感じました!よかったら、皆さんもリンク先の会見、改めてご覧になってくださいね^^どのようなことを感じますか?