2019/09/24

純粋な気持ちが、人を動かし、メディアを動かす

純粋な気持ちが、人を動かし、メディアを動かす

LITAでは現在、10社以上の企業大型PR案件が並行して動いています。これまでは体制が整わず、ご依頼いただいでもお断りすることが多かったPR代行。今はスタッフが増え、組織化が進んだことで、私たちが貢献できる企業数が日々増えているのは、本当にうれしいことです。

 

様々な実績ある企業様と関わる中で思うのが、

============
「PR担当者」の信頼関係は会社の飛躍に結びつく
============
ということです。

 

広告やHP納品と違って、PRは納品物が決まっていません。PR担当者の頑張り次第・腕次第で、結果が変わってくるサービスです。PR担当者として、お客様企業に対し

「契約料金以上のことをしたい!」
「頑張りたい!」

と、一人一人が心の底から思えるかというのは非常に重要な部分です。

 

PRとは、
=========
会社の魅力を伝え、人の心を動かすこと。
=========

まずはPR担当者自身が<その会社を大好きになる>ことが大事なのです。

 

PRは、戦略やタイミングももちろん大事ですし、弊社でも日々最先端の情報を検証し、研鑽を続けています。その上で、私は成果を生むために最も重要なのは、まずは「気持ち」なのだと思っています。純粋な気持ちが、人を動かし、メディアを動かすのです。正にLITA、「利他の心」ですね。

気持ちよく、まっすぐな思いでPRできるかが、その先の結果につながってくると信じています。