代表ブログ

  • 売り上げだけを目指すのでなく。イチロー選手の名言に思うこと

    売り上げだけを目指すのでなく。イチロー選手の名言に思うこと

    こんにちは!株式会社LITAの笹木郁乃です。

    少し前の話になりますが、皆さんはイチロー選手の引退会見、ご覧になりましたか?私、実はあの時2回も見てしまいました!特に引退試合後の球場1週のyoutubeは、号泣でした。

     

    ○引退試合後の動画はこちら(11分頃から)

    https://www.youtube.com/watch?v=lpjvJqhPkEY

    ○引退会見ノーカット版動画はこちら

    https://www.youtube.com/watch?v=MoschCm4-XE

     

    野球ファンでもイチローファンでもなかったのに…感動しました。会見後はメディアやSNSで多くの人が「名言」について取り上げていましたね。特に私の印象に残っているのは、以下の3つです。

     

    1、一番に貫いてきたのは、野球への愛。野球が好きであるということ。

    2、優勝や最多○○というのは、振り返ると大したことはない。
    それよりも、逆境に立ち向かった自分が一番誇れる。

    3、自分は監督には、絶対にならない。なぜなら、人望がないから。自分でわかっている。

    (セリフはそのままでなく、少し要約しています)

     

    圧倒的な結果を出してきた人の言葉は違いますね。全てが、今の自分に響きました。そして、私自身のこれからの仕事に向けても、考えさせられました。

     

    『貫いた野球愛』
    『誇れるのは記録でなく逆境に立ち向かったこと』

    との言葉からは・・・

    ↓ ↓ ↓

    ビジネスにおいて売上拡大などの成果だけを目指し、その結果、例え100億円の売り上げを達成したとしても、それだけでは自分は幸せになれないんだろうな。

    『結果だけではなく、自分が愛する仕事をできたか』

    『世の中に喜んでもらえる、中身のある仕事ができたか』

    これがないと、きっと空っぽになる。

    <<いい仕事をしよう>>
    と、改めて思いました。

     

    また、
    『自分は監督にはならない』
    との言葉からは・・・

    ↓ ↓ ↓

    イチローは、一流プレイヤーであるにも関わらず監督向きではないと自己分析されています。まずは「自分を知ること」が大事だと思いました。

     

    そこで自分を振り返ったとき、私は、
    <職人的なプレイヤー>
    というよりも、

    <仲間と目的を達成したい>
    という気持ちの方が、今はとても大きいことがわかりました。

     

    そして、自分に足りないものがある分、経営者としてチームで同じ目的を目指す「船」を作ることが、合っているかな、ということなど、感じました!よかったら、皆さんもリンク先の会見、改めてご覧になってくださいね^^どのようなことを感じますか?

  • あなたの視野タイプはどっち?

    あなたの視野タイプはどっち?

    こんばんは!
    株式会社LITAの笹木郁乃です。今日の社長ブログは、最近思っている視野タイプについての話。

     

     

    人には、

    ●広い視野タイプ:
     長期目線、戦略的
    ●狭い視野タイプ:
     短期視点の積み重ね、実行力

    がいて、両方を一人でするのは、なかなか難しいということを感じてます。

     

    私は、完全に狭い視野タイプです。広い視野のほうが、
    戦略的で憧れるのですが 笑

    自分の良い部分を活かせる環境を作ることは、人生の全てにおいて重要だと感じています。

     

    例えば私は、狭い視野だからこそ、名もない創業当時のエアウィーヴが拡大すると信じ続け、がむしゃらに前だけ見て行動できました。

    そういう、
    <信じる強さ・突き進む力>
    みたいなものが、自分の強みであると思います。

    ただ、経営において、<広い視野>というのは非常に大切で、ここを私が両方やろうとすると、突き進む力が弱まると感じています。

     

     

    と、いうことで。組織や役割分担って、重要だなと感じる今日この頃です。

    今、LITAでは役員が「広い視野」タイプなので、私はそのあたりを完全に任せて、より前に向かって突き進んでいきたいと思っています。改めて LITAの中でも役割分担が明確になっています!

    とはいえ、PRの仕事については、両方の視野が必要。ですから私も、PRの広い視野については、仕事柄必要な部分のため、努力で取り入れてきています。

     

    PRでは、

    ●広い視野: 
     世間・メディアの流れをみる
    ●狭い視野: 
     短期の実績・掲載を作り
     積み重ねていく

    この両方が必要です。

    ここは、より意識をして情報を取り入れながら、実行し、結果を出していく。そんな流れを作れたらなと思っています。

     

     

    あなたはどちらのタイプですか?^^

  • 社長ブログ、はじめます!

    社長ブログ、はじめます!

    こんにちは!LITA株式会社代表取締役、笹木郁乃です。こちらのブログでは、LITA社長の今をみなさんにお伝えしていきます!

     

     

    さて、私の今年のテーマは組織化。そろそろ自前のオフィスも都内に構える予定です。

    私が組織化にこだわる理由

    ●自分一人よりも、それぞれの強みのあるチームで仕事をすることで、より成果を出せることを実感したから

    ●世の中に小さな感動を少なく残すよりも、大きな感動を数多くつくりたいから。

    ●やるなら、日本一を目指したいから。

     

     

    今年から、頼もしい副社長、スタッフメンバーも続々ジョインし、私の決意はより固まっています。

     

    PRで感動を。
    PRで奇跡を。

     

    作っていきたいです。

     

     

    そして、現在、ありがたいことに、大手企業はじめとする企業との仕事が増えてきています。更に、日本のPR業界にはなかった、新しいサービスも準備中です。

     

     

    振り返ると、私は人生で特に大きな決意をしたと思っているのは、24歳のとき、新しい人生をスタートする覚悟を決めた時です。世界トップクラス自動車部品メーカーに研究職として入社しましたが、研究職としての自分は、生き生きしていない。自分を生かせていないと、気づいてしまったのです。

     

     

    人生に嘘をつきたく無いと、転職を決意しました。それからは、毎日自分と向き合い、自己分析の本をたくさん読みました。

     

     

    ■自分は、どんな時に頑張れるか。
    ■何に夢中になれるか。
    ■どんなことが、嬉しいか。

     

     

    なぜ夢に見ていた研究職で力を発揮出来なかったのか絶望しながら毎日向き合い続け、自分なりに導き出した答えが、

     

    ■人。
    世の中の役にたつ実感ある仕事をしたい。
    仕事を通して感動をしたい。

    ■自分の関わりで、会社を大きくしたい

    ■だから、小さい会社に行きたい

    ■人と関わりながら
    アクティブな仕事をしたい

    でした。

     

     

    その後転職活動をし、全て見事に採用試験で落ちまくり、最後の最後に、エアウィーヴの創業期に出合いました。お給料は、年収が当時半分くらいに下がりましたが、一生の中で、最もいい 勇気ある決断をしたと振り返って思います。そして、1億から5年で120億円の急成長という本当に宝のような経験ができました。この経験が、今の私を作っています。

     

    これまでの経験を活かし、たくさんの企業に、人に、貢献したいと思っています!新オフィスでみんなと働ける日ももうすぐ!とても楽しみです^^