2019/10/29

企業PR メディア取材につながるマッチングとは

企業PR メディア取材につながるマッチングとは

メディアに取材・掲載されるために重要になってくるのが「どのメディアへアプローチするか」という、マッチングの部分です。どんなに良いプレスリリースを作成しても、全然見当はずれなところに送ってしまっては残念ながら採用に至るのは難しくなってしまいます。弊社では多様な業種の企業様のPRを行っています。今回は、業種別のメディアアプローチの方法について、弊社で取り組んできた具体例をいくつか取り上げながらポイントをお伝えいたします。

 

マッチングを視点においた業種別メディア選定のポイント

例えば製造業の場合、
「行列のできるレストラン特集」
のような情報を発信している媒体にアプローチしても、掲載されないですよね。それでは、各業種でどのようなメディアがおすすめかというと、

 

<製造業・工場の場合>
■独自のスキル、商品を紹介する

・業界専門誌
・ものづくり、職人紹介の番組
・工場見学などのコーナーがある
 ローカル番組
など

 

<整体など健康系>
■健康を気にかける中高年読者を
抱える媒体

・女性週刊誌
・健康コーナーのある雑誌、番組
・健康について連載などあるWEB媒体
など

 

<出版社>
■書籍紹介
・新聞の新刊紹介コーナー
・雑誌の書評コーナー
・ラジオの本や編集者を紹介する
 コーナー
など

そして、どの業種でも共通して狙えるものもあります。

業種を超えて掲載につながりやすいマッチング視点とは

下記に具体例を3つ上げました。
■経営手法を切り口にする

経営者紹介のメディア
(WEBや新聞の人紹介コーナー)

 

■社長の人となり、創業ストーリーを伝える

新聞地方面、広報誌、タウン誌など

 

■イベントの紹介

イベントの社会的貢献の視点に
フィットする紙面、コーナー担当者へ

新聞地方面、広報誌、タウン誌など

 

いずれにしても、担当者、コーナー名まで内容がマッチする媒体を調べて「あなたの媒体だからこそ、この情報をお届けしました!」という意識でお届けすることが大切です。ぜひ、マッチングを意識してメディアリサーチしてみてくださいね!

 

==========

 

<LITAではPR広報担当者のための 無料メール講座を配信しています!>

実践的PRノウハウや代表笹木郁乃コラム、LITA最新情報が集約されています。LITAからのPR情報週刊誌としてお楽しみいただけます。経営者やPR広報担当の方はもちろん、 PRにご興味ある方、 起業をご検討中の方もぜひご登録ください。

↓      ↓      ↓
LITA公式無料メール講座ご登録はこちら