2019/06/24

イベントスタート時のPR PR成功の鍵となる企画書とは

イベントスタート時のPR PR成功の鍵となる企画書とは

「PR」と一言でいっても様々な種類がありますね。今日のコラムは、イベントのPRについてです。「行政や企業、メディアの方々を巻き込んでいくには、どうしたら??」とご質問いただくこともあります。そこで、イベントスタート時に必要となる<企画書作成で一番大切なこと>をお伝えしたいと思います!

直接会ってプレゼンする→企画書の内容が重要!

イベントのスタートアップ時、メディアを始め、行政や企業、協力を仰ぎたい各所と連携していく際に、まず大事なのは

========

*直接お会いしてお話しする

========

これは、絶対条件です。ただ、何の準備もなく情熱だけで会いに行けば良いのかというと、もちろんそうではありません。プレゼンで大事になってくるのが<企画書>です。

 

このコラムを読んでいる方の中には、「私、プレゼンが下手なんです」と思っている方もいるかもしれません。その場合はぜひ一度、<企画書の作り方>を見直してみてください。

 

もしかしたら、その企画書があなたのプレゼンを行いづらくしているのかもしれません。良い企画書が作れていると、自然に進めていくことができるからです。企画書の書き方一つで、相手にイエスと言わせるプレゼンが出来るようになるんです!

 

相手にイエスと言わせる企画書とは

そんな『魔法の企画書』で一番大切なこととは・・・

========

「あたかもそれを既に達成したような企画書にする」

========

 

つまり、

「こんなことをしたい」
「こんなことを考えている」

という抽象的な企画書ではなく、妄想ではない、具体性のある<アフターの姿を見せる>ということです。

 

========
■この企画を実施した場合、この様なプログラムになります。

■お客さんの反応は、このようになるでしょう。
>>イメージ写真、加工写真を載せて、ビジュアルでもイメージしやすくする

■提案が通った場合このように変化します。
>>イメージ写真を盛り込む
========

 

提案される側としては、例え企画書の段階であってもビフォーアフターを見たいもの。そのために、<何をすると、どうなるのか?>というところを、企画書で訴求するということです!企画書は自由なのですから、相手側に響きやすいアフターの夢を具体的に企画書に落とし込み、相手と共有して、「こうなりましょうよ!!」と提案してみてください。意気投合した後には、同じ方向を見て、イベント成功に向けて共に進む仲間となっていることでしょう!

==========

 

<LITAではPR広報担当者のための 無料メール講座を配信しています!>

実践的PRノウハウや代表笹木郁乃コラム、LITA最新情報が集約されています。LITAからのPR情報週刊誌としてお楽しみいただけます。経営者やPR広報担当の方はもちろん、 PRにご興味ある方、 起業をご検討中の方もぜひご登録ください。

↓      ↓      ↓
LITA公式無料メール講座ご登録はこちら