2019/05/26

メディア掲載への近道とは?

メディア掲載への近道とは?

メディアへのアプローチ方法として、プレスリリースの配信があります。メディアは常に視聴者、読者が求める情報を探しています。そこに「このような情報があります」とお伝えする一つのツールがプレスリリースです。PRの需要が高まると共に、プレスリリースの作成方法を教えるPRの講座、セミナーも増えてきています。特別なスキルや文章力がなくても、ポイントを押さえて作成していくことで、プレスリリースは誰でも作ることができます。完璧なものを仕上げることを目標にするのではなく、機を捉えてどんどん作成していくことが大切です。ただ、プレスリリース作成を学んだり、挑戦したりするのと並行して、やっていくといいと思うのは、メディア担当者との関係性作りです。

 

メディア担当者はどちらの情報を掲載する?

もし、あなたがメディア側の編集者だとします。ある日手元にプレスリリースが2枚届く。Aは、全く知らない人から来た情報。Bは、長年お付き合いのある、信頼出来る人物からの情報。取材の時間は限られていて、どちらか一方とコンタクトを取るとしたら、どちらの話を聞いてみようと思いますか?

 

「2枚届いて」と書きましたが、実際にはメディアには日々大量のプレスリリースが届いています。その数ある情報の中から選んでもらうためには、情報の質や見せ方、届け方のポイントを押さえることはもちろんですが、それらを整えた上でもう一歩掲載獲得に近づけるために重要なのが担当者との人と人としての関係性なのです。

 

メディアとのリアルな関係性を作るためにできること

そうは言っても、メディアに知り合いなんていない!という方、まずはコンタクトを取るところから始めてみてください。

 

・メディア関係者が集まる交流会などに参加してお名刺交換

・知人に紹介を頼む

・電話でアポイントをとる

 

など、出来ることは必ずあります。メディアの方とリアルで関係性を築き、信頼を少しでもアップさせていくことがメディア掲載の近道となります。プレスリリース配信、メディアの研究やリスト作成などと並行して、ぜひこちらも挑戦されてみてくださいね!