社長ブログ – ページ 2 – PR会社ならLITA(売上拡大のビジネスパートナー)

代表ブログ

  • 純粋な気持ちが、人を動かし、メディアを動かす

    純粋な気持ちが、人を動かし、メディアを動かす

    LITAでは現在、10社以上の企業大型PR案件が並行して動いています。これまでは体制が整わず、ご依頼いただいでもお断りすることが多かったPR代行。今はスタッフが増え、組織化が進んだことで、私たちが貢献できる企業数が日々増えているのは、本当にうれしいことです。

     

    様々な実績ある企業様と関わる中で思うのが、

    ============
    「PR担当者」の信頼関係は会社の飛躍に結びつく
    ============
    ということです。

     

    広告やHP納品と違って、PRは納品物が決まっていません。PR担当者の頑張り次第・腕次第で、結果が変わってくるサービスです。PR担当者として、お客様企業に対し

    「契約料金以上のことをしたい!」
    「頑張りたい!」

    と、一人一人が心の底から思えるかというのは非常に重要な部分です。

     

    PRとは、
    =========
    会社の魅力を伝え、人の心を動かすこと。
    =========

    まずはPR担当者自身が<その会社を大好きになる>ことが大事なのです。

     

    PRは、戦略やタイミングももちろん大事ですし、弊社でも日々最先端の情報を検証し、研鑽を続けています。その上で、私は成果を生むために最も重要なのは、まずは「気持ち」なのだと思っています。純粋な気持ちが、人を動かし、メディアを動かすのです。正にLITA、「利他の心」ですね。

    気持ちよく、まっすぐな思いでPRできるかが、その先の結果につながってくると信じています。

  • 致知出版社様主催 20代30代のための人間力養成講座を振り返って

    致知出版社様主催 20代30代のための人間力養成講座を振り返って

    先日開催された、致知出版社様主催 20代30代のための人間力養成講座。

    『自分のレベル以上の出会いは無い。成功する人には共通点がある。』

    そんな藤尾社長のご講話に引き込まれました。

     

     

    成功する人とは、与えられた環境、人間関係の中で、絶えず価値を磨き続けられる人。そして、何歳になっても変化し続けられる人。

     

    では、その反対は?

     

    常に目移りし、今いるところ以上の環境はないだろうか、と探し続ける人。

     

    「自分のレベル以上の出会いは無い。人生は、出会い。ますは自分自身の向上を図ること。」

     

    4000人以上の各界の一流を取材し続けた致知出版社の編集長でもある藤尾社長だからこそ語れる言葉たちが、心に響きました。他では聞けない貴重な学びのために、この日は全国から20〜30代の1350名の志ある方々がご参加されていました。会場内は、絶えず涙を拭く人、メモを取る人で溢れていました。

     

     

    私もスピーチをさせていただきました。後方の方には恐らく私は見えない。それならば一言一言、言葉を届けたいと思ったことで、いつもより丁寧に話せたように思います。自分の考え方がこの一年で変化してきたこと、「利他の心」との出会いや、社名の由来など、お話させていただきました。光栄なことに、多くの方から「涙した」と声かけていただきました。自分の経験がお役に立てたのならとても嬉しいです。

     

     

    初めて向かい合う1350名のエネルギーを浴びて、登壇後は不思議な脱力感を経験しました。藤尾社長は90分のご講演。相当なエネルギーと熱量で1350名に向かい合っておられたのだろうと思うと、尊敬の一言です。

     

     

    私も、自分の人生を、悔いなく生きていきたい。今与えられた環境を大切にしながら。そんな風に改めて感じた、貴重な一日になりました。

     

  • 売上を拡大するビジネスパートナーとして、私たちにできること。

    売上を拡大するビジネスパートナーとして、私たちにできること。

    今、LITAでは企業のPR支援を積極的に行っています。

    昨日は、2ヶ月前からスタートした、年商100億企業とのPR打合せでした。

    年商100億を、年商1000億にするために、PRコンサルをさせて頂いています。

     

     

    『年商100億企業が、年商1000億になるためには、何をすればいいと思いますか?』

    メディアPRによってメディアだけにひたすら出続けることでしょうか?

    LITAとしての答えは・・・

    『何もかも』です。

    ■PR
    ■マーケティング
    ■販促

    全てを最高の状態にして始めて、年商100億から1000億が見えてくると思っています。

     

     

    メディアに出ることだけが目的なら、メディアPRだけをしてもいいと思います。

    でも、ビジネスをされている方の目的はそこじゃないはずです。

    ■売上をあげたい
    ■認知を広げ、世に届けたい

    という目的がきっとあると思います。そのためには、ただメディアに出るだけではダメなんです。

     

     

    メディアに出たとしても

    ●HPが、サービスの魅力が伝わりずらい

    魅力が伝わらずに購入へ至らず
    せっかくHPを見た人も
    離脱してしまう・・・

     

    ●カタログ資料請求したが、資料が魅力的ではない。
    その後のアフターフォローも整っていない。

    カタログを送ったものの、
    購入に至らず・・・

     

    これでは、会社は拡大せずに残るのはメディアに出たという実績と、一過性の認知だけになってしまいます。

     

     

    LITAは、
    <売上を拡大するビジネスパートナー>
    であるため、結局、そのために必要なアドバイスは、

    ■PR
    ■マーケティング
    ■HP
    ■販促物
    ■購入までの全体の流れ設計

    全てを網羅したものとなります。

     

    私も過去、エアウィーヴや他前職でも、PR以外にもマーケティング・HP・販促物全てをディレクションし、関わっていました。だからこそPRが、結果に繋がっていく流れになったと思っています。

     

    今回、コンサルティングしている企業様とお付き合いが始まって、2ヶ月になりました。非常にいい信頼関係が生まれ、

    「LITAさんに、販促物制作もHPもお願いした方が早いね」

    とオーダーいただき、PR会社である弊社が100億企業の販促物関係一式を一任されることとなりました。制作会社と組んで、進めていきます。

     

     

    私のお伝えしているPRは、単にメディアへ出ることだけが、ゴールではありません。

    売れ続けるための、認知拡大し続けるためのPRだけではなく、マーケティング・ブランディング視点を持った、新しいPRで、より皆さんのお役に立てたら嬉しいです。

     

    改めて今、思っていることは、このスマホ・情報社会の、PR新時代。PRという視点をスタートに、拡大するための総合的なことが必要だし、求められています。複雑な情報社会時代、総合的に変えていかないと、なかなか結果につながらないんです。PR協会としても、LITAの活動の中でも大事にしていきたいです。

     

    PR新時代。生き残れる人に!